沿革

History

1999年
10月
日立製作所及び三菱マテリアルの合弁会社として設立
2001年
3月
北海道産業廃棄物処分業許可取得
4月
家電リサイクル法施行に伴い、対象4品目の家電リサイクル事業を開始
2002年
9月
浮沈選別装置増設
2005年
6月
家電リサイクル100万台処理突破
2006年
3月
北海道産業廃棄物処分業許可更新
ISO14001認証取得
6月
保管用地として敷地拡大(敷地面積 17.019m2 → 19.550m2
2008年
5月
テレビライン増強(1回目)
6月
家電リサイクル200万台処理突破
2009年
4月
家電リサイクル法の対象品目に薄型テレビ・衣類乾燥機が追加
操業管理システム導入
5月
北海道グリーン・ビズ ランク3認定
2010年
3月
冷蔵庫ライン増強
5月
テレビライン増強(2回目) ※エコポイント制度による入荷量増対応
7月
家電リサイクル300万台処理達成
11月
2段式プラスチック風力選別装置導入
2011年
3月
処理能力の変更要請(74.86t/日(13.1h)→ 113t/日(17.9h))
北海道一般廃棄物処理施設設置許可変更申請
北海道産業廃棄物処理施設設置許可変更申請
北海道産業廃棄物処分業許可変更申請
北海道産業廃棄物処分業許可更新
8月
洗濯機・エアコン手分解ライン増強
10月
家電リサイクル400万台処理達成
2013年
11月
洗濯機ライン改造
12月
洗濯機供給コンテナ昇降装置導入
プラスチック乾式選別装置導入
2014年
9月
家電リサイクル500万台処理達成
水槽粉砕機導入
PP樹脂破砕機導入
11月
冷蔵庫ライン改造
PS樹脂破砕機導入
2015年
4月
ウレタンRPF製造設備導入
2018年
10月
家電リサイクル600万台処理達成
このページの上へ